1 / 8

Alphonse-de-Neuville
複合オフィス

パリ(17)

建築主 : 6ème Sens Immobilier
2018
延床面積 : 1 800m²
費用 : 390万ユーロ
プロジェクトマネジャー : Paolo Gatti
クレジット : Studio Vincent Eschalier

パリ17区中心地での、複合オフィスの改築および増築プロジェクト。
中庭側の既存の土地は整地をおこない、オフィスと共有スペースに転用。また、屋根組み部分が拡張されオフィスフロアが追加されています。

内部では、建物の奥行きを利用して、2つの異なる個性をもつ空間が設計されました。すべてのレベルにつながる中央スペースは、落ち着いた光と布張りの壁が特徴、他の部屋とは対照的に一時的かつ中心的空間です。通りと中庭に面したサイドスペースは、従来からある大窓より採光。保存されたオスマニアン様式の壁のモールディング、木製家具、寄木張りフローリングが輝きを増します。