1 / 8

Skyfall
シャレー

Haute-Savoie (74)

建築主 : 個人
2022
延床面積 : 800 そして 500m²
費用 : 該当なし
プロジェクトマネジャー : Vincent Eschalier
クレジット : Studio Vincent Eschalier

アルプスのMegèveの高台、2 200 m²の敷地に空き家になっていた一軒のシャレー。クライアントの要望は、そこに自分とゲスト用の別荘として、2つのシャレーを建設すること。独立した機能をそれぞれ有する両シャレーは、プロポーションは異なるものの、内外装とも同じアイディアで設計されました。

 

1階に専用ガレージがあり、地下にはスイミングプール、サウナ、ジムなどの高級仕様の設備を配します。専用バスルーム付きエンスイートのベッドルームをはじめ、全てに共通するのは、贅沢なゆったりしたスペース、そして高いクオリティ。複数のラウンジや生活スペースは、シャレーの最上階に配置されており、素晴らしい眺望も堪能できます。

 

外装は、環境に溶け込むよう、Megève特有の建築様式にならい、傾斜した屋根と板壁材を採用します。現代的なタッチは、コンクリートの基礎と、採光を最大化する、水平方向にアクセントがおかれた開口部によって施されます。