1 / 6

Argenson
複合オフィス

パリ(8)

建築主 Foncère Raynouard
2021
延床面積  2 120 m²
費用 NC
プロジェクトマネジャー  Antonio Blanco
クレジット : SVE

建築主 Foncère Raynouard
2021
延床面積  2 120 m²
費用 NC
プロジェクトマネジャー  Antonio Blanco
クレジット : SVE




エリゼ宮殿やマドレーヌ広場から目と鼻の先にある「9 Argenson」の邸館は、大通りの喧騒から離れたパリの小さな通りの静けさと、一流のロケーションのメリットを存分に享受。

 

建物が持つ本来のボリュームを最大限に活かすために、建築家は、敷地内の大規模な部分解体を実行して、小屋裏の充分な高さを開放し、大きな天窓とたっぷりした空間を備えたユニークなレイアウトを提供します。

 

権威ある投資銀行や高級ブランドのメゾンが並ぶこのエリアに相応しく、確立したスタイルを持ち、贅沢、時代を超越した、クオリティが際立つ建築を提供することが課題でした。 インテリアは、英国紳士の社交クラブにインスピレーションを受け、洗練されたウッドワークや革の椅子類、落ち着いたスペースづくりが採用されています。

 

敷地奥には鉄骨構造の3階建て建物が増築され、ダイナミックさが加味。邸館の非常にミネラルな要素が希薄され、またプライバシーが確保されます。